清和監査法人

サービス内容 Service contents

アカウンティング・コンサルティング業務 Accounting Consulting Services

アカウンティング・コンサルティング業務一覧

(1)IPO支援業務

株式公開は、広く投資家から資金を調達し、利用できる資金量を拡大させることができます。
また、社会的信用の増大、優秀な人材の確保、経営管理体制の強化などの多くのメリットがあります。各種規定の作成、内部統制や経営管理体制の整備など、2年以上にわたる準備作業が必要なため、株式公開に精通したプロフェッショナルのサポートが有効です。


ベンチャー企業において自らIPOに携わった実績があり、事業計画書や株式公開申請書類の作成支援をはじめ、内部統制や資本政策に至るまでトータルにサポートします。現時点で会社の規模が小さく業績が赤字であっても、将来的に事業の拡大が見込めるのであれば、IPOに向けて積極的にご支援します。
過去の実績として2社(マザーズ、ナスダック・ジャパン(現 ジャスダック))の株式公開を成功させ、株式公開支援業務を継続的に複数社行っています。

Step1 短期調査
  • 財務状況や管理体制の現状把握
  • 上場に向けた課題の抽出
  • 改善策の提示とスケジュール策定
Step2 上場支援作業
  • 予算・事業計画の策定
  • 規程類の整備、内部統制の構築・運用
  • 月次・四半期決算体制の構築、早期化
Step3 上場申請
  • 上場申請書類(Ⅰの部・Ⅱの部)の作成
  • ミーティングへの出席、指摘事項の解決
  • 上場後の各種サポート

(2)IFRS支援業務

当法人はクライアントに対して、様々な視点からIFRSサービスの提供を行っております。その主な内容は次の通りです。


IFRS 影響度調査

クライアントの要望(範囲、深度、予算など)や会社の特性(業種、規模など)に合わせIFRSの影響度調査を実施しております。影響度調査の結果については、簡易的なレポートを作成するとともに導入に向けた課題やその対策について併せてご報告させていただきます。

IFRS 適用実務に関するアドバイス

IFRSを適用する手順、移行の仕方等についてアドバイスを提供しております。こちらには、RSM International の専用窓口であるIFRSヘルプデスクを始めとしたRSMネットワークを駆使し、すでにIFRSが適用されている国々で直面した問題点も参考にしながらアドバイスさせていただきます。

Step1 予備調査
  • IFRS適用に伴う影響の把握
  • 導入に向けた課題の抽出
  • 導入のための計画表の作成
Step2 コンバージョン
  • IFRSに対応した会計方針の決定
  • IFRSに対応したマニュアルの作成
  • IFRS導入業務に関与する方々への研修
Step3 導入・定着化
  • 会計方針の最終調整
  • 導入・運用に向けた継続的なモニタリング
  • 内部統制の強化・効率化の検討
IFRSセミナー

これまでに当法人では、社外向けのIFRS関連セミナーを実施しております。今後もIFRSの適用状況や動向を見極めながら、各論などの実務に踏み込んだセミナーを開催する予定です。

(3)内部統制構築支援業務

公開企業に対して平成20年4月1日以降開始事業年度より内部統制報告書の提出が義務付けられることとなりました。
これには公認会計士の監査証明が必要となり、会社の内部統制報告書提出と公認会計士の監査証明書提出を合わせて通称「J-sox」と呼ばれています。
内部統制システムについては上場審査の際に整備したものの、その後の文書化によるアップデートが行われていないケースが多々あります。今回のJ-soxは経営者自らが内部統制を評価する必要があり、そのための文書化が求められます。
文書化は経営者レベルの統制状況から現場レベルの業務フローまで多岐に渡っており、監査証明が得られる高いレベルと事務負担を軽減させるための効率性が求められます。


内部統制システムは会社全般にわたるものであるため、効果的かつ効率的に行うためには経営者による内部統制評価の範囲の選定が重要です。
この点、当法人スタッフは継続的なコンサルティング業務への従事と監査業務の経験により、作成者側、監査側の両者の視点に立ち要点を抑えて作業を進めることができます。

RSM Seiwa is a member of the RSM network and trades as RSM. RSM is the trading name used by the members of the RSM network. Each member of the RSM network is an independent accounting and consulting firm, each of which practices in its own right. The RSM network is not itself a separate legal entity of any description in any jurisdiction. The RSM network is administered by RSM International Limited, a company registered in England and Wales (company number 4040598) whose registered office is at 50 Cannon Street, London EC4N 6JJ. The brand and trademark RSM and other intellectual property rights used by members of the network are owned by RSM International Association, an association governed by article 60 et seq of the Civil Code of Switzerland whose seat is in Zug.